〒225-0003 神奈川県横浜市青葉区新石川3-14-14
ウェルフェアステージたまプラーザクレシオ1階

たまプラーザやまぐち眼科

診療カレンダー

たまプラーザやまぐち眼科

多焦点眼内レンズについて

medical

MEDICAL多焦点眼内レンズについて

眼内レンズには大きく分けて、焦点が1つの『単焦点眼内レンズ』と焦点が複数ある『多焦点眼内レンズ』があります。
単焦点眼内レンズは焦点、つまり、よく見える位置は1か所になります。レンズの度数を調整することで、術後のピントを遠くにするか、近くにするか、または中間にするかなどの選択が可能です。その焦点が合っている位置はよく見えますが、そこから離れるほど、像がぼやけてしまいます。
例えば、手術の後、遠くがよく見えるようにした場合、近くを見る時には通常、眼鏡が必要になります。
一方、多焦点眼内レンズは焦点を遠方と近方とに作ることができるので、眼鏡に依存しない生活を送ることも可能になります。
白内障の濁りによる見えにくさが取れるだけでなく、ある意味、『老眼』も治ってしまう一石二鳥のレンズです。強い近視や遠視、老眼で眼鏡がないと不自由をしていた方にはまさに夢のようなレンズかもしれません。
ただ、多焦点眼内レンズが全ての点で単焦点レンズに優っているかというと、実はそんなこともなく、レンズの構造上、『ハロー・グレア』という夜間の光の見えにくさが出やすいこと、光を遠方と近方に分けるので、コントラスト(くっきりさ)がやや落ちるということがあります。
それから、多焦点眼内レンズを使った白内障手術は、通常の保険診療ではなく、選定療養もしくは完全自費診療になります。
保険診療での白内障手術は3割負担の方で約40,000円ですが、多焦点眼内レンズの場合は、当院では多焦点レンズの種類により選定療養では約200,000〜350,000円、完全自費診療では550,000〜680,000円になります。

※選定療養とは、治療の一部を健康保険でまかない、一部を自費の自己負担いただく制度です。多焦点白内障手術の場合、通常の単焦点白内障手術に相当する部分は健康保険が適応され、多焦点眼内レンズの差額分を自費で自己負担いただく形になります。(他の例としては入院費の個室代のようなイメージです)

当院で取り扱う
多焦点眼内レンズについて

多焦点眼内レンズも様々なものがあります。
まず、①選定療養で使える国内承認のレンズ②選定療養では使えない国内未承認のレンズがあります。
国内未承認というと、よくないイメージもあるかもしれませんが、欧米ではかなり実績があるレンズではあるものの、選定療養には対応はしていないという意味の『未承認』レンズで、外国から個人輸入し、自費診療で使うことになります。
また、多焦点の『焦点』というところからは、①焦点が遠方と近方の『2焦点眼内レンズ』② 中間距離から遠方が連続的に見やすい『焦点拡張型眼内レンズ(EDOF)』③ 焦点が遠方、近方に加え中間距離にもある『3焦点眼内レンズ』とに分かれます。
これらのレンズを患者さまが術後に希望される見え方などから選択します。
両眼手術の場合は、両眼に同じ種類のレンズを使うこともあれば、それぞれのレンズの弱い部分をカバーするために違った種類のレンズを組み合わせて使うこともあります。

国内承認(選定療養対応)多焦点眼内レンズ

2焦点
レストア ReSTOR(Alcon社製)
レストア ReSTOR(Alcon社製) 遠方と近方(30cm)にピントが合うように設計されたレンズです。
乱視矯正の度数のついたタイプ(トーリック眼内レンズ)もあり、
乱視のある方にも使用可能です。
テクニスマルチ TECNIS MULTI
(AMO社製)
テクニスマルチ TECNIS MULTI(AMO社製) 遠方と近方にピントが合うように設計されたレンズです。
近方の距離はおよそ33cm 40cm 50cmと3種類から選べます。
ハローグレアがやや強めです。
焦点拡張型(EDOF)
アクティブフォーカス ACTIVE FOCUS(Alcon社製)
アクティブフォーカス ACTIVE FOCUS(Alcon社製) 中間から遠方が見やすいレンズです。
コントラスト感度の低下は少ないとされています。
近方は若干見えにくい方が多いです。
ハローグレアは少ないと言われています。
トーリックタイプもあり、乱視のある方にも使用可能です。
シンフォニー Symfony(AMO社製)
シンフォニー Symfony(AMO社製) 中間から遠方が連続的に見やすいレンズです。
多焦点眼内レンズの中で最もコントラストがよいと言われています。
近方は見えにくく、眼鏡が必要になることが多いです。
ハローグレアは若干強めです。
トーリックタイプもあり、乱視のある方にも使用可能です。
3焦点
パンオプティクス PanOptix(Alcon社製)
パンオプティクス PanOptix(Alcon社製) 選定療養で使用可能な3焦点眼内レンズです。
遠方、中間、近方と3ヶ所に焦点ができるように設計されたレンズです。
どの距離も眼鏡をかけずにピントが合いやすくなります。
ハローグレアは若干出やすいです。
トーリックタイプもあり、乱視のある方にも使用可能です。

国内未承認多焦点眼内レンズ

2焦点
レンティスエムプラス LENTIS Mplus
(キュレンティス社製・ドイツ)
レンティスエムプラス LENTIS Mplus(キュレンティス社製・ドイツ) オーダーメイドの2焦点眼内レンズです。
コントラスト感度が高く、ハローグレアも少ないとされています。
乱視もオーダーメイドです。
3焦点
ファインビジョン FineVision
(PhysIOL社製・ベルギー)
ファインビジョン FineVision(PhysIOL社製・ベルギー) 遠方、中間、近方と3ヶ所に焦点ができるように設計されたレンズです。
どの距離も眼鏡をかけずにピントが合いやすくなります。
欧州ではシェアNo1の多焦点眼内レンズになります。
日本で使う場合は自費診療になります。
トーリックタイプもあり、乱視のある方にも使用可能です。
LENTIS MplusやFineVisionを希望される患者さまへのお願い

海外から代理店を通し輸入して使用します。代理店に依頼するため、発注時に費用が発生し、キャンセルができません。
そのため、LENTIS MplusまたはFineVisionをご希望される場合は、申込時に片眼10万円の保証金をいただいております。
この保証金は手術費用の一部になりますが、万が一、手術をキャンセルされる場合は、保証金をキャンセル料にさせていただきます。ご理解の程、よろしくお願いします。

当院で使用している多焦点眼内レンズの一覧表はこちら

CONTACTお問い合わせ

当院ではメールでのご相談にも応じております。
白内障手術や眼内レンズのこと(多焦点眼内レンズや選定療養などについて)はもちろん、緑内障、糖尿病網膜症、
眼瞼下垂やまぶたの病気など、ご心配なことや気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。
少しでもお力になれるように対応したいと思っています。

携帯電話 受信設定の確認をお願いいたします
  • お返事には少しお時間をいただくことと当院のメールが受け取れるように設定のご協力をお願いします。
  • メールアドレスはこちら:
    clinic@tamaplaza-eye clinic.com

受診をご希望の方は、以下のWeb予約サイトからお申し込みください。

WEB予約

手術のご相談は以下よりメールでご相談ください。

お問合せ